新卒採用の基準としては、今と昔では変わってきています。昔は学歴やコミュニケーションというのが主な基準でした。今でも特にコミュニケーション能力に関しては重要なのですが、それ以上に何がしたいのかということが重要です。具体的には、実際に業務の中でなにがしたいのかというような話です。それを図るために多くの企業が何をするかというと、実際に業務をやらせるということです。業務をやってみることによって、当然業務の能力はわかります。しかし、ここで重要なことは業務能力というよりは本人の意志です。やる気というようなこともありますが、何を実現したいのかを見ています。企業としては当然賃金以外のモチベーションを持って取り組んでもらいたいと考えているので、そこを見ています。

具体的に何をモチベーションにするのか

従来の就職活動では、モチベーションは面接などで図るスタイルでした。もちろん今も面接は重要なのですが、結局準備してきたことをみんな話すので、採用担当者からすれば判断できないのです。もちろん明らかに準備不足であればすぐにわかるのですが、ある程度面接慣れしているとまったくわかりません。コミュニケーション能力も面接慣れしていれば高いような感じがしますし、志望動機にしても本当かどうかわかりません。人事はプロだから見抜くというようなことを言っている人もいますが、それなら採用後の不一致はまず起こりません。絶対に辞退しないと言っていても辞退する場合が多いので、どう考えても新卒者の言っていることの真偽を判断できていません。ただそんなものなので、これに関しては仕方がないです。

新卒者は業務をイメージすることが重要

営業でもプログラマーでもなんでも良いのですが、基本的にはモチベーションは自分のスキルアップでしょう。会社のために頑張りますという動機はもちろん良いのですが、会社からすればそれならどこの会社でも良いと思ってしまいます。そこの会社で貢献することによって、自分にもスキルアップになるというアピールが必要で、またそのスキルはその会社で身に付けるのが良いということを言えば良いです。そして、実際に実務体験をしてもらうことによって、会社はその判断をします。業務能力は重要ですが、未経験者なので実務経験があるわけではありません。もちろん出来に個人差はあるかもしれませんが、それよりはその仕事が好きなのかどうかや、自分から取り組むタイプかどうかなどを確認しているのです。