まず前提として、新卒の採用基準は変化しています。昔の基準としては、学歴や面接ではきはき志望動機や自己PRをしているというようなことでした。しかし、学歴が業務にあまり関係ないことは明白ですし、コミュニケーションに関しても面接慣れしているということや、対策済の場合は図れません。普段とまったく異なるキャラクターで面接に臨む人は多々存在します。むしろほとんどがそうでしょう。悪く言えば信用できないので、面接の印象というのは案外あてになりません。そこで、最近は多くの企業の新卒採用は独自の基準を設けています。大手企業は動きが遅いので、この辺でも動きの速い中小が有利になってきています。独自の基準というのは、プレゼンテーションや、企業の用意した課題です。

新卒の人の採用は案外難しいです

既卒の場合は明確なスキルを基準にする場合が多いので、採るのが楽でしょう。コミュニケーションももちろん基準にはなりますが、だいたいの場合コミュニケーション能力は備えています。稀に会話がかみ合わないというようなこともありえますが、稀です。だいたいは面接官と普通に会話をしますし、自分のスキルなども明確に話すでしょう。そして、結局はその点で判断します。しかし、大学を卒業したばかりの人の場合は当然明確な業務経験はありませんし、判断するのが難しいです。コミュニケーションに関しては、面接に慣れればそれなりに話しますし、差がつかないとも言えます。昔は体育会系の方が良いということや、勉強ができた方が良いということが言われましたが、実際はあまり関係ないので余計難しいでしょう。

企業の状況によって求める人材は異なる

仕事が簡単とは決して言いませんが、人間性や業務能力などの総合点が重要になる場合が多いでしょう。プログラマーなどの特殊な職業の場合は、プログラミングが好きということが大きな基準になります。こういうことがあるので、最近は業務適性をより見るという方針の企業が多いです。コミュニケーションは個人の価値観が多様化しているせいで測れないので、本人がより前向きに業務に取り組めるということが重要になります。なので、業務の内容をどれだけ事前に調べていて、何をしたいのかということを明確にします。たとえば先輩社員が会場に来て、チームを組んでミーティングを実際にやってみるというようなケースもあります。実務の能力が知りたいのであれば、実際に実務を模擬的にやってみれば良いという発想です。