新卒採用の具体的な方法は、最近は求人を求人サイトに載せて応募してもらうという方法が一般的です。求人サイトに載せておけばそれなりに人も集まるので良いでしょう。そして、何を基準に優良な学生と判断するかは一概には言えないのですが、高学歴の人などは普通に集まってくるので、問題ありません。高学歴なら良いということや面接でよくしゃべるから良いということはまったくないのですが、一つの基準にはなるでしょう。ひと昔前に、高学歴なのに就職先がないというような話が話題になりましたが、現在ではそれは当たり前になっています。また、次にコミュニケーション能力の問題だという話になったのですが、現在はそれも一概に言えなくなっています。企業も迷走しているケースが多いからです。

考えて発信してくれる学生の方が良い

企業の方針などがぶれるのは良くないということが昔は言われていましたが、現在はそれも一概には言えません。市場の変化が激しいので、昔と同じようにやっていて収益化はできないですし、今と同じ方法が今後に通用するとも限りません。事実大手メーカー系であっても窮地に立たされている企業は多い模様ですし、大手広告代理店に関しては大きな問題に発展しています。こういう状況が続くので、はっきり言って社員みんなに指示を出せる企業というのは減っています。指示を出すのが難しい状況なので、ある程度主体的に動いてくれる方が良いでしょう。その判断基準としては、明確な意図を持って会社に来ているということが重要です。自分のスキルアップのためでも良いので、やりたいことなどがはっきりしている人の方が今の時代は良いでしょう。

新卒採用の基準が難しいという事実

新卒の募集が難しいといっても誰を採れば良いのかわからないという状況は続いています。一つ言えることは明確な意思を持って受けに来ているということで、自分の意図と会社のやっている業務が合っているから受けに来ているという人が現在は良いでしょう。多少コミュニケーション能力が劣っていたりしても、そういう人を採るという企業が増えています。そのためには、単なる面接だけではなくなるべく実務に近いことをやってみて、採るかを判断するという企業が多いのです。そのようにやれば実際に採用して働いてもらった際のイメージがつくので、非常にメリットがあります。学生からすると、本当に入ってやりたいことが明確な企業を受けなければ選考のなかで当然つまずくことになるので、やりたいことを探すのが重要です。